今必要なものだけに

お家の片付けについての著書がベストセラーになる中、自宅の片付けについて考えている方も多いのではないでしょうか。
お母さんひとりでは難しい問題のため、家族の協力が不可欠ですが、みんなが集まるタイミングで一斉に自宅の掃除をするタイミングを計るのは大変ですよね。
でも、収納には限りがあり、家の中の目立つ所にしまい切れない荷物が溢れて来ると、お客様が来た時や子どもの友達が遊びに来た時に嫌な思いをします。
そうならないために、いま使わない荷物はトランクルームに預けてしまうと自宅を広く使えるようになります。

トランクルームの活用法は色々ありますが、1番ベストな方法は、必要で捨てられないけど、今すぐに使う必要のないものを預けることです。
必要に応じて取りにいけば、不便は感じないと思います。
季節的に使うものや、滅多に遊びに来ない両親用に買ってある組み布団など、必要に応じて自宅にあればいいものは、空調設備なども整ったところに預けておくと、カビなどの心配もなくスッキリ溢れた荷物を片付けることができます。
一応カバーはかかっているけれど、畳の部屋に布団が置きっ放しになっている家は意外と多いようです。
荷物の預け先がしっかりあれば、ものが溢れる生活は終わらせることができますよ。

年に1度の大掃除では、片付けが行き届かないという家も増えて来ました。
テレビで片付けを特集する機会が増えているのも、実際にどんな活動をしてものを減らしているのか観ることで、それを視聴者が参考にできるようになのですが、行動に移せる人が何人いるかは未知数です。
意外と捨てられない人も多いため、断舎離に向いていない人もたくさんいます。
捨てる前に、トランクルームを活用して目の前から遠ざけてみて、必要がないと判断できれば捨てる決心もつきやすいのではないでしょうか。

自宅の生活空間を有効に使えている、と自信を持って答えられる人はそう多くはありません。
それだけ、片付けが苦手な人が多いということです。
苦手な片付けを、少しでも気軽に行い、スペースの有効活用を考えるきっかけとしてもトランクルームは利用価値が高いと言えます。

家族がゆったり暮らせる生活空間を守るために、自宅にどれだけたくさんのものがあり、生活を圧迫しているか知ることも大切です。
今使わない荷物を預けてみて、今までにないゆったりしたスペースを体感することができれば、自然とものを減らしていく生活ができるようになるのではないでしょうか。

pagetop